男性 ドン引き 女性

男性がドン引きしてしまう仕草とは?

他意は無いのに、ふとした仕草で男性に悪印象を与えてしまうことがあります。
これは男性に好印象を与えたい婚活中の女性にとって致命的と言わざるを得ません。
そこで、男性が思わずドン引きしてしまう仕草をご紹介。
今すぐに改善して、より実り多き婚活を行いましょう。

 

腕組みをする

腕組みを仕事中に行えば確固たる姿勢を示す効果的な演出となりますが、好意を寄せる男性の前で行うことはタブーです。
胸の前で腕組みをする仕草を見せられると多くの男性は心を閉ざされていると感じてしまいますし、もしも腕組みしながら斜に構えていたら思い切り拒否をされていると誤解されてもおかしくありません。
それくらい強いメッセージ性を持った仕草なのだと覚えておきましょう。
これからお互いのことをより深く知ろうとしている段階で女性に腕組みをされたら、男性としては「引き際」と判断してしまうかもしれません。
もしも癖ですぐに直せないと自覚があるのなら、「腕組みをする癖が直せなくて・・・」と早いタイミングで控えめに打ち明けてしまうのも一案です。

 

口元を隠す

楽しく会話が弾んでいる最中に女性が頻繁に手で口元を隠す仕草を見せたとしたら、とても気になります。
「唇が荒れているから恥ずかしい」「歯並びにコンプレックスを持っている」等の事情があるのかもしれませんが、顔の前で煩く動く手は目障りであり、会話の妨げと受け取られてしまうこともあるので止めましょう。
あなたが隠したいと考えるコンプレックスであったとしても、ありのままのあなたを知りたいと考える男性には見せたほうが功を奏する場合が往々にしてあります。
また、弱みを見せられない関係が結婚に至るとも思えません。
例えば、「唇が荒れて可哀想」といった感情が芽生える過程は、男性があなたを大切に思い始める大事なファーストステップ。
何事もいつかは知られてしまうことと割り切りましょう。

 

しきりにスマホチェック

現代社会の必需品であるスマホですから、いつ何時どのような連絡が入るのかわかりません。
とはいえ、結婚を意識した男性と一緒の席でお相手が不快に思うほどスマホが手放せないのは問題です。
例えば、男性が手洗いに立った際にチェックをする程度ならば問題はありませんが、会話の途中でスマホを何度も触るのは明らかなマナー違反。
スマホ如きを優先して自分をおざなりにされたと感じたら、多くの男性は面白くないと感じるはずです。
無意識に触ってしまう人も多いと思うので、電源を切ることも考えてみてはいかがでしょうか。

 

たかが仕草、されど仕草。
何気ない仕草があなたの印象を左右してしまうことを忘れずに。

 

詳しくは婚活に役立つ情報サイトmarry.me!を見てくださいね!