婚活失敗体験談

私の婚活失敗体験談|結婚願望のない年下くん

婚活のきっかけは彼氏にフラれてから
24歳の時に5年間付き合っていた彼と遠距離恋愛がうまくいかなくなり別れました。理由はいろいろあるんですが、5年付き合い将来は結婚も考えていましたが、私の仕事が軌道に乗った頃でまだ仕事を辞めたくない、という理由が彼には納得出来なかったことが原因です。結果的に彼に振られた私はショックが大きく、彼を失った喪失感でいっぱいで毎日ぼんやり過ごしていました。しばらく過ごしていると今後は彼以上の結婚相手を見つけて幸せになりたいという思いでいっぱいになりました。

 

婚活を始めよう!と思いまずは知り合いに声をかけ、複数の男女で集まるイベントに参加させてもらいました。それはフットサルを通じて仲を深めようという趣旨のもと、男女混合チームでフットサルを楽しんだ後にみんなで食事会に行くというものでした。婚活という名目ですが、集まっている年代も幅広くみんなで和気あいあいとフットサルを出来ました。

 

結婚願望のない年下の彼

そこで私は思わぬ失敗をしてしまいます。それは明らかに婚活とはほど遠く、数合わせのために集められたような22歳の男子を好きになってしまったのです。その彼は先輩に連れてこられたといい、まだ社会人経験も浅く貯金もなし。今の会社はコネで入ったけどずっと続けるつもりはない、もっと他にやってみたいことができたらすぐにやめたいというような彼でした。そんな彼でしたが、一緒に話しているうちに私の悩みを優しく聞いてくれ、失恋の悲しみも理解してくれました。そして、元彼を完璧に忘れなくていい、心の中のクローゼットにしまっておけばいいといってくれたのです。

 

その優しさに私は惹かれてお付き合いを始めることになりました。けれど、いざ付き合い始めてみると結婚に対する考えは全くなく、10年後くらいでいいかなという彼。すぐにでも結婚したい私にとって10年後は想像も出来ないくらい遠く感じました。一緒に過ごしていると学生時代に戻ったように、楽しく過ごすことが出来ましたがそれはただ今を楽しく過ごしているだけのような感じでした。結局、失恋の傷も完全に癒えた頃、その彼とは私から別れを切り出しました。何でもやみくもに彼を作れば結婚につながるわけではないというこの失敗を生かし、次の婚活では将来を見据えた彼をゲットし結婚することが出来ました。